{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

液体リニアダイアフラムポンプは、ロータリーの原理を利用する液体ダイアフラムポンプとは対照的に、リニア駆動モーターを備えています。リニアダイアフラムポンプは、低圧が求められる用途に対して、低消費電力、静音性、長寿命、自給式の機能を提供します。

トーマスが提供する液体リニアポンプの利点

トーマスのLMFシリーズはコンパクトなリニアダイアフラムポンプのシリーズで、その寸法は各方向3インチ(72mm)未満です。トーマスは、LMF3とLMF4の両モデルに対し、115V、230V、12V、24V ACのオプションを提供しています。液体リニアポンプはモデルに応じて、無負荷流量0.006cfm (185mL/分)又は0.0105cfm (300mL/分)を提供しつつ、最大圧力13psi (0.9バール)及び最大吸引揚程9in.Hg (3m H2O)を実現しています。

医療及び工業用途向けの液体リニアポンプ

トーマスのLMF液体リニアダイアフラムポンプは、その静音性、低消費電力、長寿命という特徴により、医療、環境、工業の幅広い用途に対して多く選択されます。

経済的なこのポンプは、液体の流れを促進するために自給式を採用しています。LMFシリーズはストロークを調整して希望の容量を分注できるため、洗浄や公衆衛生の用途で投与の要件を満たすことができます。歯科医院では、治療を行う際に患者の快適性を確保するために静音性が重要となります。長寿命と経済的な価格は、低圧用途に対してLMFポンプが選ばれる理由となっています。


液体リニアダイアフラムポンプが使用される注目の用途

主な医療用途:

  • 工業用途
  • 医療機器
  • 研究所及び分析用
  • 投滴用途

主な工業用途:

  • 冷暖房空調設備(HVAC)
  • 燃料電池

液体リニアダイアフラムポンプの仕組み

液体リニアポンプは電磁気を利用してダイアフラムに力を掛け、ポンプ搬送された媒体を確実に置換します。電気コイルに流れる交流によって、磁気ロッドの周囲に発生した磁場を反転させます。ロッドの端に取り付けられたダイアフラムが動くことにより、液体が一方通行のバルブを通過します。


もっと詳しく知る
ja-JP