{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

トーマスのポンプは、インクジェット印刷システムにおいて、インクの脱気、システムの真空と圧力、洗浄、循環などさまざまな機能に利用されています。インクジェット印刷には大きく分けてドロップオンデマンドと連続式インクジェットという2つのタイプがありますが、トーマスのポンプは、インクジェット印刷システムにおける液体処理と気体処理のどちらの用途についても、信頼性と持続性に優れた性能を発揮し、世界中のOEMに役立てられています。

インクジェット印刷システム用ポンプは、高粘度(<150cSt)の液体を処理できるよう設計され、顔料分の多いインクをポンピングし、酸性がきわめて強い化学物質でもポンピング処理可能な材質で作られています。


インクジェット印刷システム用ポンプの種類

ダイアフラムポンプは、インクジェット用途向けとして最も堅牢性の高いポンプの1つと見なされています。これらのポンプは、長期間にわたって高温に適合し、化学的及び機械的摩耗に対する耐性があります。

ドロップオンデマンドインクジェットテクノロジー(DoD)

ドロップオンデマンドインクジェット(DoD)システム

ドロップオンデマンドインクジェット(DoD) –このテクノロジーでは、インクの泡が形成されて膨張し、小さなインク滴がノズルを通って印刷面に噴射されます。

DoDインクジェットシステムは、大判印刷から布/木/セラミックタイルへの装飾印刷まで、幅広い用途に使用されています。いずれの用途でも、印刷品質とシステム使用可能時間は、最も優先的に考慮される条件です。トーマスは、必要とされる品質、性能、スピードを実現する多彩なポンプソリューションによって、お客様の目標をサポートします。

ホワイトペーパー | インクジェット印刷システム用ポンプの選択

当社のカタログをダウンロードして、高品質インクの吐出と保存に果たすポンプの役割の重要性と、その技術仕様についてご確認ください。


ホワイトペーパーをダウンロードする

連続式インクジェットテクノロジー

連続インクジェット印刷システム

連続式インクジェット(CIJ)  –連続式インクジェットテクノロジーでは、インクの連続流が、インクジェットプリンターのプリントヘッドで、ばらばらの液滴に分けられます。一部の液滴は静電気を帯電し、偏向電極を通過します。帯電していない液滴は、ガターを通ってインク回路に再投入されます。帯電した液滴は、印刷対象物の表面に付着します。

連続式インクジェットシステムは、さまざまな製品にマークやコードを印刷するために世界中で使用されています。このような用途で最も重要視される基準は、使用可能時間、スピード、保守です。トーマスは、真の意味で先進的な幅広いポンプソリューションによって、これらすべてを満たします。

インクジェットシステムにおけるポンプの主な機能

ポンプは、ドロップオンデマンド式と連続式の両方のインクジェットテクノロジーで、さまざまな機能に利用されています。

  • インクの脱気
  • システムの真空と圧力
  • クリーニングステーション
  • 真空(プリントヘッドにおいて一定のメニスカス圧力を維持)
  • ガターポンプ
  • 化学的メークアップ
  • インク供給
  • ポジティブエア
  • インク循環

インクジェット印刷システムに適したポンプの選択

  • 適合性:最終生産物の品質とプリンターの長寿命を確保するには、ポンプとインクの種類の適合性を見極めることが非常に重要です。たとえば、UV硬化型のインクとコーティングは、化学的性質や組成が独特であり、独特のハンドリング及びポンピングを必要とします。
  • 動作条件:インクジェットポンプを選択する際は、用途に応じた流量や圧力の要件を考慮してください。
  • 特別な考慮事項:メニスカス圧力変動を最小限に抑えられるポンプ、インク消費を削減できるポンプ、用途固有の課題(UVインクの転移など)に対応できるポンプの選択方法など

インクジェット印刷用途向けに推奨されるポンプ

ホワイトペーパー | インクジェット印刷システム用ポンプの選択

当社のカタログをダウンロードして、高品質インクの吐出と保存に果たすポンプの役割の重要性と、その技術仕様についてご確認ください。


ホワイトペーパーをダウンロードする

関連したリソース

ja-JP