{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

トーマス by インガソールランド
1948年以降の歴史

2020


ガードナーデンバー社とインガソールランド社は合併し更に大きなインガソールランド社に生まれ変わりました。トーマスはインガソールランド社のブランドの一つです。



2019


2019年7月8日、ガードナーデンバーホールディングス(NYSE :GDI)はOinaVV AB社の買収を発表しました。スウェーデンのストックホルムに本社を置くOina社は医療、プロセス、産業用途向け液体搬送用カスタマイズポンプのスペシャリストです。Oina社は現在、インガソールランド社メディカル事業部に属しております。



2019


2019年4月30日、ガードナーデンバー社はインガソールランド社インダストリアル事業部と合併する事を発表しました。合わせて300年以上の歴史をもつ両社のコンビネーションはお互いに補完し、オペレーショナルエクセレンス、イノベーション、品質に対する責任を共に分かち合います。



2017


ガードナーデンバー社はIPOの公募価格を発表しました。



2013


1859年創業の米国企業、ガードナーデンバー社はKKR社に買収され、プライベートカンパニーになりました。そしてインダストリアル、エナジー、メディカルの3事業部制に移行しました。

医療機器向けOEM,ラボサイエンス用途に的を絞ったブランドであるトーマス、Welch、Ilmvacはガードナーデンバーメディカル事業部のブランドとなりました。このグループは医療、ラボラトリー、環境、その他、要求の厳しい市場向けの比較的小型なガスおよび液体ポンプそしてモジュールの開発、製造を行っております。メディカル事業部は3ブランドのリソースを活用し、お客さまのニーズに最大限対応しております。



2005


ガードナーデンバー社は医療、ラボ、環境、産業向けOEM向けエアコンプレッサー、真空ポンプ、液体ポンプトーマスインダストリーズ社およびラボ用ポンプ、システムの革新的なメーカーであるWelch Vacuum Technology社を買収しました。

2002


トーマスインダストリーズ社は世界の主要な高精度真空ポンプ、コンプレッサーメーカーであるWerner Rietschle GmbH + Co. KGを買収し、新たにRitschle Thomas社を立ち上げました。

1998


50周年の年に、トーマスインダストリーズ社とジェンタイルグループはジェンタイルトーマスグループLLCを立ち上げました。

1996


トーマスインダストリーズ社は高真空制御機器向けラボマーケットに参入するため、Welch Vacuum Technology社を買収しました。

1989


トーマスインダストリーズ社は長期的な目標達成のため、ライティングとコンプレッサ/真空ポンプ事業部の2事業部制とし、非中核事業は売却しました。


1985



トーマスはドイツの小型エアおよび液体ポンプの主要メーカーであるASF GmbH & Co KGと合弁事業を開始しました。

1974


トーマスインダストリーズ社は画期的なWOB-Lピストンポンプの技術で特許(US 3.961.868)を取得しました。

1970


トーマスは製品群の多角化を継続するため、塗装スプレーヤーから集中真空システムといったメーカーまで買収しました。

1967


トーマスインダストリーズ社の株がニューヨーク株式市場で売買が開始されました。

1958


トーマスインダストリーズ社はカナダのBenjamin Electric Company and C&M Products社を買収しました。

1955


トーマスインダストリーズ社は本社をケンタッキー州ルイビルに移転しました。

1948


今日のメディカルグループの基礎築いた最初の投資家はLee B.Thomasです。彼は、ライティングシステムを製造していた企業をMoeファミリーから1948年に買収しました。そして、様々な買収、再編成とともにトーマスインダストリーズ社を立ち上げました。その焦点は、ライティングから今でも活躍している独特な製品群の基となるスプレーシステムや漏れ検知システムに移行する事でした。

ja-JP