{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

自動車業界

自動車業界及び用途向けOEMコンプレッサー及びポンプ

トーマスの真空ポンプとコンプレッサーは、高い性能と耐久性が必要とされる自動車市場で、汎用的な用途にもニッチな用途にも対応します。そのような専用用途の例として、エアシート、燃料電池、エアサスペンション、タイヤ空気注入などがあります。当社のエンジニアは、主要な自動車メーカー及びその直接供給業者と緊密に連携して、これからのドライバーに大きな期待をもたらす新しいテクノロジーに取り組んでいます。


エアクラッチ

少量の空気を利用するエアクラッチは、ディスクタイプクラッチのすべての長所と空気圧による直接係合のすべての利点を兼ね備え、連結と遮断をスピードアップします。これらのクラッチは、電気モーターで駆動される荷重を滑りなしで停止させる効果的な方法が求められている機械業界で利用されています。

空気作動式ドア

空気作動式ドアは、ほとんどの大型バスやレンタル旅客バスで標準装備となっています。このような車両のドアは重いのですが、これによってはるかに開けやすくなります。


エアホーン

エアホーンには多彩な形状とサイズがあります。エアホーンは、船舶、セミトレーラー、消防設備、バス、緊急車両の各用途で使用されています。


エアシート

エアシートは、エアブラダー(空気袋)を組み込んだシステムによって、空気圧でシートの快適性を実現します。このシステムは、空気ポンプ、制御電子回路、空圧バルブ、スイッチパネルから構成されます。コンプレッサーにより、使用者の好みに応じてブラダーをふくらませます。空気を抜く際は、体重で空気を押し出すパッシブ方式か、ポンプが生成した真空を利用するアクティブ方式によって行えます。エアシートにはマッサージ機能を組み込むこともできます。


エアサスペンション

エアサスペンションは昨今、自動車、トラック、SUV (スポーツユーティリティビークル)で使用されています。ハイエンドの高級車や長距離輸送トラックの一部では、エアライドシステムが標準装備として提供されています。車軸の直下又は各ホイールに設けられたショック又はゴムブラダーに、コンプレッサーが空気を供給します。


タイヤ空気注入

タイヤ空気注入テクノロジー(セントラルタイヤインフレーション)では、変動する条件に応じた素早い調整が可能です。セントラルタイヤインフレーションによってトラクションが改善されるため、路面の粗い運搬道路や急な坂道でも作動できます。タイヤの摩耗を軽減できます。セントラルタイヤインフレーションが採用された車両では、湿地や道路などに及ぼす環境負荷(わだち堀れなど)が、比較的低くなります。

関連したリソース

ダイアフラムポンプ技術

各テクノロジーの動作原理について

セクションの二乗画像をダウンロード

ダウンロードセンター

ja-JP