{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

体外診断用医薬品(IVD)用OEMポンプ

臨床化学、止血分析、免疫学、微生物学では、試薬の投与、体液の分注、針の洗浄、残留物の除去のために、さまざまなポンプが必要とされます。体外診断で必要とされるすべてのポンプに対応できるグローバルサプライヤーは、ただ1つ、トーマスしかありません。

体外診断機器 - 体外診断機器と用途

化学分析装置

臨床化学分析器*

血清/血漿を血液から分離し、分析してさまざまな物質の有無を調べます。

止血分析装置

止血分析器*

止血は、出血に対する人体の反応です。凝固過程の定義方法として、凝固時間の測定、血液成分の分析、血球数の計算の3種類があります。

免疫学分析装置

免疫分析装置* (COVID-19、HIVなど)

免疫学では、異物に対する人体の反応を調べます。アレルギー体質の確認からAIDSの診断まで、さまざまな内容が含まれます。

微生物学分析装置

微生物分析器* (大腸菌などの細菌感染)

微生物学は、細菌、ウイルス、真菌、原虫、寄生虫などの微生物の研究を扱う、科学の1分野です。

体外診断用医薬品(IVD)のワークフローにおける液体ポンプの役割

IVD診断における液体処理ワークフロー

トーマスの液体ダイアフラム及び液体チューブポンプは、IVD検査に使用されるさまざまな分析器の重要部を構成しています。IVDのワークフローにおける最も一般的なポンプの役割として、洗浄工程、試薬投与、分析液の除去があります。

体外診断用医薬品(IVD)の役割

  • 生体試料の収集、準備、検査
  • スクリーニング
  • 診断
  • 疾患の治癒、治療、予防
  • 検出(特定の療法やゲノム変異などが効果を発揮する可能性のある候補者)
  • 治療モニタリングプロセス

体外診断用医薬品(IVD)によって可能になる診断

酸素濃縮器や人工呼吸器のポンプ流量は、装置要件の5倍に匹敵する値を指定することが目安です

  • 感染(髄膜炎、肺炎、腎感染、COVID-19 PCR及び抗体検査など)
  • 疾患(HIV、TB、マラリア、HBV/HCV、嚢胞性線維症、ハンチントン病など)
  • がん
  • 心臓病(循環器疾患、心筋梗塞、心不全、心房細動など)
  • 免疫系(COVID-19抗体検査など)
  • 腎臓病
  • 胃腸

用途に適したポンプの選択

統合性の高い当社の小型ポンプは、堅牢なパフォーマンスを特徴とし、OEM診断装置メーカーにとって第一の選択肢となっています。主要なテクノロジーが3種類ありますので、装置の種類とポンプの機能に応じて、性能と用途の要件を考慮してご検討ください。

トーマスは、付加価値のあるエンジニアリングとカスタマイズで知られています。したがって、個々の要件に合わせてポンプとコンプレッサーを変更したり、お手持ちのIVD装置向けに調整したりすることができます。

 

トーマスのIVD用途向けポンプ

[ウェビナーシリーズ オンデマンド] 体外診断機器向けポンプの選定

IVD Diagnostic Webinar part 1

[PART I] Selecting and Sourcing Syringe Pumps for IVD Devices

IVD Diagnostic Webinar part 2

[PART II] Selecting and Sourcing Liquid Pumps for IVD Devices

*代表的な製品の画像を示しています。これらの製品は特定の商標に帰属するものであり、当社とのつながりはありません。製品及び商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。

ja-JP