{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

ロータリーベーン真空ポンプ及びコンプレッサー

OEM機器向け小型ロータリーベーン真空ポンプ及びコンプレッサー

ロータリーベーンポンプは、ポンプサイズの割に大きな流量が求められるガス採取及び真空ハンドリング用途において、多くの場合、第一に検討される選択肢となっています。

ロータリーベーンテクノロジーは低脈動と低振動を特徴としており、それによって、振動を最小限に抑えた一定の流量が可能になります。これらの装置は、このような特性から、医療、研究所向けライフサイエンス装置、救命装置、工業/環境/食品飲料市場向けに最適です。


トーマスのロータリーベーンポンプ

トーマスのロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーは、1.2L/分(0.04cfm)から198.0L/分(7.0cfm)までの無負荷時流量を提供し、連続運転時の最大真空度は930ミリバール(27.5in.Hg)、連続運転時の最大圧力は1バール(14.5psi)となります。

当社のロータリーベーン製品には、さまざまな駆動オプションが用意されています。アイアンコアレスDCモーター、コンデンサ誘導型(PSC)モーター、分相(SP)モーター、永久磁石DC (PM)モーター、ブラシレスDC (BLDC)モーターといったオプションから選択可能です。

ロータリーベーン真空ポンプおよびコンプレッサ

トーマスのロータリーベーン真空ポンプ及びコンプレッサーの利点

これらのオイルレス自動潤滑システムは、トーマスが提供する5つのガステクノロジーの中で最大の流量/サイズ比と最小の脈動を実現します。 ロータリーベーンテクノロジーでは、一部のシリーズにおいて、リバーシブルなフロー方向が可能になるようにベーンの向きを設定することもできます。このような製品は、深部静脈血栓症に使用する医療用圧迫スリーブなど、アクティブ方式での膨張収縮を必要とする用途向けの構成部品として最適です。


さまざまなOEM機器に最適

トーマスのロータリーベーンポンプは、小型ながら高流量、低脈動が必要な用途に最適です。また、幅広い業種と用途で採用されていることが、実績によって立証されています。一部の製品は、モーターの回転を逆転する事で吸気と排気を逆転する事が可能です。


ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーが使用される主な用途

主な医療向け用途

  • 嫌気性細胞培養システム
  • 呼吸補助装置
  • 遠心分離機
  • 血球計数器
  • 医薬の研究及び開発
  • 人工呼吸器ろ過性能検査器
  • 医療用圧迫スリーブ
  • 深部静脈血栓症
  • 研究所向け計装/オートメーション機器
  • 医療用内視鏡検査
  • 医療用アスピレーター 

主な工業及び環境関連向け用途

  • ピックアンドプレース自動化
  • プラスチックシーム溶接シーム漏れ検出
  • ウォータージェット/レーザー/機械加工用の真空ホールドダウン
  • 工業及び食品向けのパッケージング
  • 真空リフティング/ホールディング
  • 木材の変形
  • 池のエアレーション
  • 廃水処理
  • 梱包装置
  • コアドリルホールドダウン
  • ガス分析器
  • エアサンプリング
  • 粒子計数器(排ガス)

その他の用途

  • はんだ除去装置
  • 積層プレス
  • 紙葉類計数装置
  • 印刷機器
  • 皮膚切除
  • 脂肪吸引

OEMのニーズに合わせてカスタマイズ

トーマスのロータリーベーンポンプは、カスタマイズによって、きわめて複雑な仕様に対応することが可能です。さらに、要求仕様に合わせてベーンの数や素材、モーターをカスタマイズすることが可能です。また、モーターを逆回転させ、吸気と排気を入れ替えて使用することもできます。

ヘッド/ベーンの材質は動作環境や吸気媒体に合わせて各種プラスチックおよびカーボンが選択可能です。

プラスチック製ヘッド、ベーンのモデルは、耐湿性を備えており、多湿環境での使用に推奨されます。カーボン製のヘッド、ベーンのモデルは、プラスチック製ヘッド、ベーンのモデルに比べ高精度のため漏れが少なく、高性能で運転音も低減されます。

ロータリーベーン真空ポンプ及びコンプレッサーの仕組み

ロータリーベーンポンプのシリンダーヘッドは、ベーン(ポンプ羽根)を収めるスロットを備えたローターで構成されています。ロータリーベーンポンプはローターが回転すると、遠心力によって、ベーンがシリンダーの内壁に押し付けられながら、スライドし回転します。

この動きにより、2枚のベーンとシリンダーとの間に空隙が生じます。ローターの回転に伴って空隙が移動し、ガスの容積が圧縮されて、圧力が増加し真空が生じます。

このような容積型ポンプの構造を活かすことで、硬貨よりも小さいサイズでありながら数千時間にわたって、高性能を持続します。


もっと詳しく知る
ja-JP