{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

環境業界

環境関連用途向けOEMポンプ及びコンプレッサー

トーマスは、環境市場のさまざまな用途向けの気体用ポンプ、真空ポンプ、コンプレッサーを提供しています。当社のダイアフラム、リニアダイアフラム、ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーは、気体検出及び分析から、水産養殖、バタリー及び池のエアレーション、汚水ばっ気、雑排水処理までの用途に対応します。当社のオイルレス装置は、長期にわたって高い効率と性能維持を実現し、定置型機器にもポータブル機器にも手持ち式機器にも対応できる豊富なサイズで用意されています。


気体検出

気体検出器は、多くの場合安全システムの一部として、危険なエリア又は密閉空間で気体の存在を検知します。これらの気体には毒性又は爆発性がある場合があります。したがって、危険なエリアで作業する人員に注意を喚起したり、一定の濃度を超えた場合には退出するよう警告したりするために、迅速な検出が必要不可欠です。


連続排出監視システム

連続排出監視システム(CEMS)は、工場の煙突から大気に放出される排気中に存在する揮発性炭化水素などの気体を、継続的に監視します。政府の規制や規格などによって、超過してはならない許容濃度が定められています。


池のエアレーション/汚水ばっ気

酸素を含む微小気泡を水に注入することで、廃棄物を分解する細菌の成長を促します。エアレーションシステムによって、池や湖に、エアレーション、循環、成層破壊が起こり、水中全体で溶存酸素レベルが上昇します。それにより有機性汚泥の減少に寄与し、その結果、有毒な沼気が放出され、厄介な水草が減少し、有益な藻類の成長が促進され、魚の冬季大量死が防止されます。


水処理

大量の空気を水に通した後、大気中に放出します。 この空気によって、ラドン、二酸化炭素、メタン、硫化水素などの溶存気体や、MTBE (メチルtert-ブチルエーテル)などの揮発性化合物又は工業用溶媒、鉄及びマンガンが、水から放出されます。


凝縮物除去

気体冷却器及び各種凝縮物回収容器には、集めた凝縮物を継続的に排出するポンプが必要です。液体ポンプ(特にチューブポンプ)は、その長所を活かして、凝縮物を除去するのに最適です。汚れた環境でも動作でき、微粒子を含む液体を運ぶことができます。さらに、チューブポンプは、自給式のドライランニングポンプです。

環境機器向けトーマステクノロジー

関連したリソース

ダイアフラムポンプ技術

各テクノロジーの動作原理について

セクションの二乗画像をダウンロード

ダウンロードセンター

ja-JP