{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

バイオ薬剤用途向け液体ポンプ

バイオテクノロジー向け液体ポンプ

バイオ薬剤プロセスは、バイオリアクター内で酵素、微生物、植物及び動物細胞などの生体触媒を利用して薬剤、食品、香料、燃料、化学物質を生産するために使用されます。バイオプロセッシングはアップストリームプロセッシングとダウンストリームプロセッシングに分けられます。アップストリームプロセッシングとダウンストリームプロセッシングのどちらにおいても、臨界流体を丁寧かつ正確に取り扱うために、多様な液体ポンプ、特にチューブポンプが必要とされます。


アップストリームバイオプロセッシング

アップストリームプロセッシングは初期段階にあり、微生物又は細胞をバイオリアクター又は発酵槽で培養し、採取しています。プロセスの安定性を保つには、媒体、PH酸又は塩基、消泡剤を正確に取り扱うことが鍵となります。チューブポンプは、必要とされる一貫性と反復性を提供します。


ダウンストリームプロセッシング

ダウンストリームプロセッシングでは、生合成産物を回収して精製します。クロマトグラフィー、かん流、濃縮、透析ろ過などの各処理工程の間に産物を移動させるときに、チューブポンプの穏やかな動きによって、製品の完全性が確保されます。

関連したリソース

ダイアフラムポンプ技術

各テクノロジーの動作原理について

セクションの二乗画像をダウンロード

ダウンロードセンター

ja-JP