{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

ロータリーベーンポンプについて 

ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーについて役立つ情報を入手して、お客様の空気、圧力、真空OEM用途に合った部品をお探しください。 

ロータリーベーンポンプはどのように動作しますか?

ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーの動作原理はどのようなものでしょうか?

ロータリーベーンポンプは容積型ポンプの一種です。シリンダー形状の筐体内で、ローターはシリンダーの中心から少し外れた位置に中心があり、ローターの一部はシリンダーの最上部近くに位置します。ローターのブレードはロータースロット内に位置しています。ローターが回転を始めると、遠心力が生じてブレードが飛び出しシリンダーの内部表面にスライドします。2枚のブレード間にセルが形成され、回転中にその容積が常に変化します。後方のブレードが吸気口に達するまで、空気が吸気口からセル内に入ります。この時点で、セル内の空気の容積が最大となります。

空気セルが吸気口から遠ざかるにつれて、セルの容積はより小さくなり、空気は圧縮され圧力が上昇します。これはセル内の圧力が圧力チャンバー内の圧力を上回るまで続きます。その後、空気は排気口から排出されます。

一部のモデルには排気バルブが付いていて、最大圧力に達した時点での排出した空気の逆流を防ぎます。ロータリーベーン真空ポンプの場合もプロセスはこれと似ていますが、空気セル内の圧力は低く、チャンバーは大気圧です。


ロータリーベーンポンプ 動作原理

シリンダー状のポンプヘッドに、ポンプブレードのためのスロットが付いたローターを装備しています。このポンプは遠心力を利用してベーンをヘッド壁に押してスライドさせ、2個のベーンとシリンダーの間にギャップを形成します。ローターが回転すると、それがギャップを移動させてガスの容積を圧縮し、圧力を上昇させて真空を作り出します。

ナレッジハブでロータリーベーンポンプに関する技術的見識を深めましょう。 

ロータリーベーンポンプはどのような用途に使用しますか?

ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーはさまざまな用途に使用されています。小型ロータリーベーンポンプは寸法比で流量が多くとれ、振動が少ない特徴からコンプレッションセラピー、心電図、ガスのサンプリング、ガスの検出、水の分析、パーティクルカウンタ、真空搬送に使用されています。

大型のPICOLINOシリーズはバキュームハンドリング、空気とガスのサンプリングと分析、研究室の器具や自動化、食品及び飲料品の梱包、医療機器に使用されています。

ロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーの利点は何ですか?

  • 少ない脈動
  • 低振動
  • 自己潤滑性で自動調整式のベーン
  • 回転式のため、リニアな流量特性(回転数制御の場合)
  • コンパクトデザイン(他機構のポンプに比べ小型ながら流量が大きい)
  • DCモデルあり 、一部はリバーシブル操作が可能
  • 流量範囲:最大7cfm (200L/分)、最大圧力:14.5psi (1気圧)、最大真空度:25.0インチ水銀柱(-850ミリバール)

トーマスのロータリーベーンポンプ及びコンプレッサーを閲覧する

関連したリソース

ホームページ産業

業種別用途に応じたソリューション

セクションの二乗画像をダウンロード

ダウンロードセンター 

ja-JP