{{recommendedBannerText}}

Spacer
{{recommendedRegLangFull}}

カプノグラフィーモニター用OEMポンプ及びコンプレッサー

カプノグラフィーモニターは、手術中などの中程度又は深度の鎮静時に、命に関わるような呼吸の問題が発生した場合に、即座にアラームを発します。 カプノグラフィー装置は、呼吸器疾患又は呼吸不全の兆候となり得る酸素レベルの変化を測定及び追跡します。

カプノグラフィー装置は、酸素レベルの即時変化を表示するので、パルスオキシメーターよりも好まれて使用されています。一方、パルスオキシメーター装置では、患者の呼吸が停止した数分後でも、血液中に正常酸素レベルを提供できます。

カプノグラフィー装置の仕組み

この装置は、呼吸回路からの呼気を、患者監視装置内のセンサーに吸引します。その後、カプノグラフによって、吸引された気体サンプルに、赤外線が当てられます。サンプルは、赤外線照射によるCO2吸収を使用して分析されます。

気体サンプリングは、マルチガス分析機能用に設けられたセンサーによって、サイドストリーム監視又はメインストリーム監視を通じて実施できます。CO2サイドストリームの空気圧機能は麻酔監視と同じです。


トーマスのOEMカプノグラフィーモジュール用ポンプ

トーマスは、カプノグラフィー装置に使用されるポンプの基準を確立し続けています。当社の小型ダイアフラムコンプレッサーは、小型携帯機器向けに作られています。当社の装置は、PCBマウント機能を備え、EMI (電磁妨害)リスクのない構造になっています。トーマスのダイアフラムコンプレッサーと真空ポンプは高気密、メンテナンスフリー、長寿命を実現します。

当社のダイアフラムポンプはモジュール式なので、異なる偏心を利用したり適用モーター速度を制御したりすることで空気圧性能を変更できます。ポンプの個々の動作点を制御して、ポンプを流れる空気を制御できます。


カプノグラフィーポンプの主な特徴と利点

トーマスのポンプは、特に次のようなポンプ特性に配慮して、カプノグラフィーモジュール及び装置のOEM仕様に適合するよう設計されています。

  • 手持ち式機器向けのコンパクトサイズ
  • 高効率によりバッテリー寿命が向上
  • 汚染のないサンプリングを可能にする、封止された空気通路
  • メンテナンスフリーで長寿命
ja-JP